嫁不倫散々俺をクズ呼ばわりした元嫁が行動に元彼て回復を

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分でやってみようとする人もいるものです。

簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、現実とフィクションは違うもので、相手に勘付かれずにつけるのは並大抵のことではないのです。

変に思われてしまえば警戒されるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は少なくなってしまいます。

さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要とされます。

どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が明らかになった時、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。

ひとまず冷静になって、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気のことがわかるものをつかむ事もできるかもしれません。

まず、普段は入らないようなコンビニのレシートをしばしば視界に入ることが多くなったら、いつもその近くに向かっていることになるでしょう。

そこで見続けていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。
不動産査定「イエウール」の評判と口コミ

食事をした際に店で発行する領収証にはお通しの注文数から同席していた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。

ほかに、クレジットカードで決済した時は月々チェックするようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。

実際、もう離婚になってもいい、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。